旧古田土雅堂邸と大小山登山

IMGP4731_2_3.hdr
那須を後にし向かった先は、茂木市にある旧古田土雅堂邸
アメリカで活躍した日本画家が建てた輸入住宅。
白い壁に煉瓦の土台。黄色い屋根はとてもチャーミング。
IMGP4730_28_29.hdr IMGP4734_5_6.hdr IMGP4737_8_9.hdr
地下にはボイラー設備を備え暖房もここで発生した蒸気で賄っていたのだろう。
花柄の壁紙、落ち着きを保ちながらも華やかな気分にさせてくれる。
IMGP4740 IMGP4743 IMGP4745 IMGP4746
扉の鍵、あまり日本で見ない形状と思ったら。アメリカSegal社の物だった。
小物にもこだわりを感じることができた。
IMGP4747 IMGP4748 IMGP4749_50_51.hdr IMGP4752_3_4.hdr
隣接する防災館と洋菓子ショップ。どちらも格好いい。

関連記事へのリンク:那須野の洋館巡り


IMGP4763_4_5.hdr
日は変わって、足利市にある大小山へ。
以前訪れた竜神大吊橋遊歩道で登山に目覚めたかは、どうかだが、
日頃の体のなまりを解消する目的もあって、軽い気持ちで行ってみた。
IMGP4769 DSC_0022 DSC_0010
すぐにその軽い気持ちは重くなる。登山道は大きな岩に阻まれ、
ロープを掴みながら急勾配を登る場面も。
DSC_0012 DSC_0001 DSC_0014
これはさすがに無理だと座り込んだ時、後ろから杖を突きながら登ってくるご老体。
さすがに難しいだろうと様子をうかがっていると、両手両足を駆使し、たったと登っていった。
DSC_0015 IMGP4760 DSC_0016
自分も見様見真似でようやく登り切り、妙義山頂上でしばし雑談。その健脚恐れ入った。
IMGP4766_7_8.hdr DSC_0018 DSC_0019
その後、ピーク沿いに歩き、大小山山頂へ。
展望台からは、大小の看板、三毳山、太平山が見えた。
DSC_0020 DSC_0021 IMGP4775_3_4.hdr
今夜の弁当を新栃木駅近くで買い求め帰宅。

得た教訓1. 目の前の岩肌を迂回すると、そこは必ず行き止まり。
得た教訓2. 移動の手段は足だけではない、両手も使え。

恐怖からなのか運動不足がたたってか、下山してしばらく足が震えていた。

取材:ペンジ・コルティ・キース

広告