巖浄閣、光龍館、砺波にて

IMGP1852_0_1.hdr IMGP1855_3_4.hdr
旧高宮医院(光龍館)、県内最古の擬似洋風建築とされる。
飛び出した屋根付きポーチが特徴的だ。
IMGP1831_2_3.hdr IMGP1834_5_6.hdr IMGP1840_38_39.hdr
続いては、旧富山県立農学校校舎(巖浄閣)
ピンク色に塗られた校舎。大切にされている様子が伺えた。
校舎の周りではブラスバンド部が練習をしていて、ほのぼのとした時間を過ごせた。
IMGP1859_60_61.hdr IMGP1858_6_7.hdr DSC_0001
散居村展望台より砺波平野をみて、久々の国道359号を快走して帰ってきた。
ランチははなまるうどんにて、たまの外食もいいもんだ。

留守番のグリンに画像を加工して運転免許証もどきを作ってあげた。
興味を示さずちょっとがっかり。

広告

巖浄閣、光龍館、砺波にて」への4件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中